ホーム 理  念 法人概要 活動内容 事業内容 イベント情報 報 告 移送サービス
H29 電車でGO
東京スカイツリー

平成29年5月31日

 今年は目的地の決定が遅くなり、議論する間もなく総会のときに決めてしまいました。 目的地は、今まで何度も候補地に上がっていた東京スカイツリーです。 そろそろ空いてきただろうと予測したからです。
 いつも通りに取手駅に9時集合です。 車椅子ユーザーが5人、家族及びボランティアが6人で合計11人のツアーです。 取手駅は勝山くんやそめさんがよく利用するので駅員さんは慣れたものです。 ただ、今回は大人数なのでどうかと思いましたが、問題はなかったです。 エレベーターでホームに降りる際、駅員さんがボタンを押し忘れて、エレベーターが止まったままだったのはご愛嬌です。
 往路の電車は空いていて、居心地の良い旅でした。北千住での乗り換えも、非常にスムーズにできました。ただ、ほとんどのエレベーターは車椅子は一人しか乗れず(活きるのメンバーの車椅子はでかいのばかり!)、その分時間がかかります。 しかし、東武線のエレベーターは3人乗ることができたのです。5往復するところが2往復で住むのはとても効率的です。 そして、立派で広いベッド完備の多目的トイレにも感動しました。
 スカイツリーには10時40分ころに到着。思った以上に早く着いたので、先にスカイツリー昇ることにしました。 チケット購入時間は5分程度の表示で、かなり空いている状態なのでしょう。 我々車椅子団体は待合スペースに案内され、まとめてチケット購入しました。 最優先でエレベーターに乗ることもできたので、無駄がありません。 ちょっと気になったのは車椅子5台と付き添いが6人という発言。 車椅子利用者が5人と言ってほしい! 5台は人の数え方じゃない!

 まずは、地上350mの展望デッキに着きました。 ぐるっとひと回りして景色を堪能。 ちょっとガスってますが。なかなかの眺めです。 知っている景色が真上からちっちゃく見えます。 空いているとはいえ人は一杯で修学旅行の学生がたくさんいます。その中を車椅子で移動するのはちょっとしんどいし、怖い。
 350mから445mの天望回廊へ別料金で行けます。せっかく来たので全員が最上階まで行きました。ここは、人が少なくてゆっくりと景色を楽しめます。 眺望は350mと変わりないかな??

 約2時間、スカイツリーからの景色を楽しんだあと、ランチのために隣のソラマチ7階のレストラン街に行きました。ふた手に分かれて、飲みたい人6人は世界のビール博物館へ、5人は別のレストランへ。 レポート記述者はビール博物館に行ったので、そこの様子を伝えます。 たくさんのビールがメニューに有りますが何を頼んで良いかわからず・・・ 結局、飲み放題にしました。飲み放題は3種類のビールです。ドイツビールとイギリス黒ビール、そしてキリン一番絞り! ここへ来て一番搾りかい! と思いましたが一番飲み慣れてるから美味しさは保証付きということで妥協しました。 食べ物のメニューはあまり豊富ではありません。 おつまみ重視でピザ、スパゲティくらいです。 テラス席に座ったので、開放的でのんびりしたランチを味わえました。

 帰宅時間が迫ってきたので、お土産を買って、3時にスカイツリー駅に集合。 取手には5時半ころに到着でした。比較的近かったことで疲れもありません。
 今年も電車でGOを開催できたのはとても嬉しいです。NPO法人活きるが続く限り、この電車でGOを止めることはないでしょう。大きな障害があるとなかなか外出することが困難です。 ボランティアさんとみんなで行けば怖くない。少々のトラブルも笑いのネタです。 来年はどこへ行こうかな?!

 公共交通機関の障害者への対応は年々良くなっています。 しかし、当事者の意見を聞かず、まだマニュアル通りに強制されることが多いのが残念です。車椅子ユーザーはそれぞれ機能や状況が違うし、車椅子自体も沢山の種類が有ります。当事者に適応した対応は当事者にしかわかりません。
 今回は北千住から東武線に乗りました。 やはり私鉄は設備や対応がとても良かったです。



NewsはFacebookでお知らせしています。
他のイベント情報も御覧ください

inserted by FC2 system P/F